SSブログ

レッスン94回 [ヴァイオリンのこと]

6月20日、今日のレッスン。

『小野アンナ音階教本』
C-major 3オクターブ、オクターブ重音、6度の重音、3度の重音。
3度重音のG線DとA線Fも、だんだんしっかりとした音になってきました。
今度は1音ずつ重音で弾けるようにしてくること。

今日はよく楽器が鳴ってくれたので、先生が『これはほんとに500万円くらいの楽器と変わらない音がしますねぇ~ 倍音がとても良く聴こえてきますねぇ~ 素晴らしいですねぇ~』と、ベタ誉めでした。。。
“良いのは楽器だけ? 私の腕は?”と思わず言いたくなるくらい、楽器のことをほめてくれました。
先生から買った楽器ですもん。

『ドントOp.37』8番。
もっと手こずるかと思っていたけど、どうにか最後まで音取りが終わりました。
半音ずつの間隔に慣れてくれば、音があちこちに飛ぶよりも、音程が取り易いのかも。

1箇所リズム間違いがあったけど、最後まで1回通して、合格になりました!
やれやれ、です。
次回は9番。
ドント9番001.jpg

今日から鈴木7巻です。
『モーツアルト メヌエット』
曲を始める前に、『この曲、聴いたことある?』と言われて、
『鈴木のCD以外では、ないです』と答えると、
『それは一度ちゃんとしたの聴いてみないと!』と言いながら、先生がレコード!!(待合室にたくさん置いてあるLP)をかけてくれました。
3年半先生のところに通っているけど、初めて、レッスン室の音響設備で音楽を聴きました。しかも大音量で。
どこにスピーカーがあるんだろうと思ったら、頭の上、天井にありました。
鈴木のCDではヴァイオリンパートだけなんだけど、弦楽四重奏バージョンを聴くと、すごくカッコいい曲でした~

モーツアルト メヌエット002.jpg
符点8分音符、もっと弓を大きく使って長めに弾くこと。以下、このパターンは全部。

モーツアルト メヌエット003.jpg
逆に、こちらの符点8分音符は、少し短めに。軽さを出す感じで。
あとで考えると、同じ符点8分音符なのに長さが違うのはどうしてかな?と思ったんだけど、1拍目と2拍目の違い、強弱の違いなのかも、という答えに至りました。

最後まで通したところで、『この曲はもういいです。次はヘンデルやりましょう~』ということで、合格になりました。

前回のヘンデル4番の3、4楽章と同様に、1回目のレッスンで終わりになりまして。
“この程度の出来でいいのかしら……?”“まだまだ弾けてないと思うんだけど……”
うれしさ半分、戸惑い半分です。
ま、深く考えないようにしよう。。。













nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

fuyuko

私も鈴木のCDしか聞いていなかったので、
このレッスン記事を読んだ後、
YouTubeに行って、K421をいくつか聴きました。

天井の四角いの、スピーカーなんですね。
何かなと思っていました。
by fuyuko (2010-06-20 21:49) 

ももん

天井の四角い白いものです。
たぶん防音工事をした時に、一緒に設置したんじゃないでしょうか。

レッスンで生徒さんに聴かせるためだけに設置しているのなら、すごくゴージャスなレッスン室ですよね。。。




by ももん (2010-06-21 20:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。